スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2018年06月08日

倦怠感にはリンパマッサージ

身体がだるい、やる気が出ないなど、体のこのような状態になる症状を「倦怠感」と言いますが、この倦怠感もリンパマッサージで解消することが出来ます。



倦怠感が厄介なのは、原因や問題箇所が分かりにくいことです。単純な体調不良からストレスや精神的圧迫といった内面の問題、更には、体の一部のトラブルになるものなど様々あります。



このため、倦怠感は問題を特定するのが難しく、また、腰痛のように痛みを伴うものではないので、 場合によっては深刻な問題となってしまう事もあります。



こうした倦怠感に改善効果をもたらす可能性があるのが、リンパマッサージなのです。通常のマッサージは、凝っている部位があれば、それを揉みほぐすのですが、それでは、効果が薄く、リンパマッサージであれば、倦怠感に対しても効果が期待できます。



リンパの流れが滞ると、老廃物が蓄積されて疲労物質になって可倦怠感が生まれる危険性が高くなります。



このため、倦怠感がある場合は、リンパマッサージを行えば、これを解消し、健康効果が期待できるかもしれません。



その方法は、鎖骨下のくぼんだ部分を押さえ、内側から順番に押してリンパの流れを良くするのが基本です。



鎖骨下の鎖骨リンパ節は、全身の老廃物が集まるため、流れが悪くなると全身のリンパの流れと健康に悪影響を及ぼすからです。



ンパマッサージを行うため、エステ等に通うのもよいですが、自分できるマッサージなどは自分で行うと安くつきますし、強さも自分で加減できるので効果的です。



たたし、あまりやりすぎないことです。どんなに身体に良くても、やりすぎは悪い結果につながります。身体に負荷をかけすぎたために、体調不良になってしまいケースもよく見受けられるからです。


動物性プラセンタの原料について
  


Posted by privresg at 06:13Comments(0)健康

2018年01月22日

体脂肪を減らすには

まず体脂肪を減らすには、何をすればいいのでしょうか。


体脂肪を減らしてキレイなスタイルを作るには、筋肉を残したまま、体脂肪を減らすことが基本です。



その方法は、食事のカロリー管理をしつかり行う、運動で体脂肪を減らす、基礎代謝を上げて体脂肪を燃焼させる、の3つあります。



これらひとつひとつでも効果がありますが、これらを一緒に実践することで相乗効果を発揮しつつ体脂肪を減らすことができます。



特に、代謝を上げる方法を組み合わせることによって、日常生活において、運動や食事をしていない時間でも、勝手に身体が脂肪を燃焼し、減らしてくれるようになります。



代謝を上げる代表的な方法としては、サプリメントの摂取があります。



脂肪の燃焼を促進する成分を含んだサプリメントを定期的に摂取する事によって、代謝を向上させた状態を作ることができます。


サプリメントのメリットは、食材のように毎回調理する必要がなく、手軽に毎日飲めることです。



その一方で、サプリには、効果があるものもあれば、大して効かないものもあります。



特に、しっかりと検証されていないサプリには、あまり代謝の向上や脂肪燃焼に
効果が期待できない物もありますので、サプリメントを飲むにあたっては、こういった効果検証がしっかりと成されているかをよく見極めましょう。


間違ったダイエットをするとどうなる?
  


Posted by privresg at 10:04Comments(0)ダイエット

2015年06月09日

耳鳴りの症状チェック法

耳鳴りて聞こえる音や感じ方は、人それぞれ違います。また、その原因となる病気の種類や程度によっても違います。しかし、その聞こえ方はいくつかのパターンに分けられます。
■「ブーン」
耳に水が入ったり、トンネルに入ったりしたような感じで、ブーンという耳鳴りが急に聞こえたら「急性低音障害型感音難聴」(低音型突発難聴)が疑われます。軽いふらつき感を訴える人もいます。
■「トク、トク」「ザーザー」
心臓の動きに合わせて脈打つように聞こえる耳鳴りを「血管性耳鳴り」といいます。その大半は、耳の近くを通る血管の雑音が聞こえるものです。なんらかの理由で血液がスムーズに流れなくなったときに血管雑音が聞こえてくるのです。
■「トコトコ」「ポコポコ」
心臓の拍動よりも速いテンポのトコトコ、ポコポコといった調子で起こる耳鳴りがあります。自然に治まってしまうことが多いのですが、治らない場合には治療が必要です。
■「ボーン」
トンネルや飛行機に乗ると耳がボーンとなることがあります。また、耳垢がたまったり、鼓膜に穴が開いたりした場合もボーンという耳鳴りが聞こえます。気圧調整をする、耳垢を取る、鼓膜の穴をふさぐことで症状は解消します。
■「水の流れるような音」
内耳と中耳を隔てる薄い膜が強い衝撃で裂けると、内耳に満たされている外リンパ液が中耳に漏れ出てしまうことがあります。これを外リンパ瘻といいます。交通事故やダイビング、飛行機内での気圧変化などが原因となることもあります。自然に治る場合も多いのですが、治らない場合には筋膜などの組織で漏れている部分をふさぐ手術を受ける必要があります。
■「言葉や音楽が聞こえる」
高齢者でごくまれにみられるものですが、記憶と結びついた脳の回路が聞こえの経路と結びついてしまったものであろうと思われます。脳の一部の機能低下が関係しているのかもしれません。
これらの症状は、個人差があったり、複数の症状が混ざったりしていることも多いため、あくまでも目安として参考にしてください。


精力剤は通販での購入が便利

  


Posted by privresg at 06:11Comments(0)

2014年10月01日

耳鳴りの治療法

自分の体内で起きているのに、自分では思いのままにコントロールできない「耳鳴り」ですが、大部分は症状の一種であって、それ自体が病気ではありません。
このため、耳鳴りを起こす原因となる病気を治療することによって、耳鳴りを減らしたり和らげたりすることに繋がります。その方法としては、
■心理療法
耳鳴りは、イライラしたりストレスを多く受けたりしたときに強く感じる半面、楽しいことをしているときや他のことに集中しているときには気にならないものです。
耳鳴りは、精神的な緊張やストレスなどから起きることもありますので、医師や心理療法士の指導を受けて自律神経を整えるという方法があります。
■音響療法
耳鳴りは静かなところでは大きく聞こえ、周りが騒々しいところでは小さくなったり、消えたりするのが一般的です。このように、周りの音によって鳴り方が変化することを利用して耳鳴りをコントロールしようとするものです。
例えば波の音や森の小鳥の声などの効果音のCDを聞いたり、穏やかな音楽などを流したりしておくなどです。どうしても、気になって寝つきが悪い場合などはテレビをつけたまま寝るのも一手です。
■TRT
日常生活で、冷蔵庫やエアコンの音が気なることはありますか。たいていは、殆ど気にならないのではないでしょうか。これらの音は耳に届いているのですが、脳がこれを無視してしまっているのです。聞こうと意識すれば聞こえるが、気にならない。TRTはこの原理を利用したものです。
TRTは「カウンセリング」と「音響療法」とで構成されており、その効果は早くて1~3ヶ月くらいから出始め、十分な順応が得られるまでには少なくとも1~2年を要するとされています。
■薬物療法
内服薬による治療は、代謝改善剤、循環改善剤、ビタミンB12製剤などがよく用いられます。注射による治療では、麻酔薬を静脈注射することで耳鳴りを抑える「キシロカイン療法」がありますが、短時間しか効果がもたないことが欠点です。

結婚相手にナニを求める?


  


Posted by privresg at 13:32Comments(0)健康

2013年12月17日

耳鳴りの原因は?

キーン、ザーッ、シューなどなど、人によって感じ方は異なりますが、実際には周りでこのような音が鳴っていないにも関わらず聞こえる状態を「耳鳴り」といいます。
このような耳鳴りは、誰でも一度は経験したことがある。あるいは、今も経験している人がいることでしょう。
この「耳鳴り」の原因や程度はさまざまですが、大部分の耳鳴りは、それ自体が病気ではありません。しかし、自分の耳元で聞こえるのに自分でコントロールできないのが悩もの種だし、耳鳴りは自分にしか聞こえないため、人にはそのつらさが分かってもらえないのが辛いですよね。
なんらかの耳鳴りは、10~20%の人が経験しているそうです。もちろん、耳鳴りのある人すべてが苦しみ、悩んでいるわけではありませんが、5%の人は持続的な苦痛を感じているといわれています。
では、どこで耳鳴りがするのでしょうか。耳の奥で鳴ることは案外少なく、耳の周囲、特に耳の後上部の頭の付近で鳴ると訴える人が多いようです。
頭の中で聞こえる耳鳴りを「頭鳴り」と呼ぶこともあります。一般的に両耳の聴力が悪い人では頭鳴りになりやすいといわれています。
耳鳴りの音がどこで発生しているかについては、耳から脳に正しく音の信号が伝わらず、その結果、脳がそれをおかしいと判断して新たに経路をつくろうとすることが深く関係しているという考え方が主流です。
耳鳴りは聞こえ方や難聴の有無などで分類することができます。本人にしか聞こえない「自覚的耳鳴り」と、血流などのように本人以外にも高性能マイクロホンを使ったりすると聞こえる「他覚的耳鳴り」とがありますが、ほとんどの耳鳴りは自覚的耳鳴りです。
「耳鳴り」は多くの場合、耳に関する病気やけがの症状として起こります。また、耳鳴りに悩まされる人のほとんどに「難聴」が認められています。耳鳴りは加齢のほか、メニエール病、突発性難聴、騒音性難聴などの病気からも起こります。

短期間でダイエットの成果を出すなら酵素断食
  


Posted by privresg at 09:19Comments(0)健康